技術/知識

【画像補正】肌をキレイに補正する方法 【Photoshop】

【画像補正】肌をキレイに補正する方法 【Photoshop】

人物写真において「肌」はキレイにみせたいポイントのひとつですよね。

今回は、画像編集ソフトPhotoshop(フォトショップ)を使った、肌をきれいに補正する方法のひとつをご紹介します!

▼▼▼ ビフォーアフターはこちら! ▼▼▼

目次

  1. 下準備
  2. ハイパス
  3. ダスト&スクラッチ
  4. ぼかし(ガウス)
  5. マスクをかけて調整
  6. 仕上げ

1.下準備

Photoshop で補正したい写真を開いたら、上に2枚ほどレイヤーを複製します。

2.ハイパス

1番上のレイヤーに「ハイパス」をかけます。

フィルター > その他 > ハイパス を選択してください。 (半径は2pxに設定しています。)



ハイパスをかけたレイヤーのモードを「リニアライト」にし、不透明度を30 ~ 50% 程度にしておきます。

▼この時点では質感がより増した感じになりますが大丈夫です。


3.ダスト&スクラッチ

2 番目のレイヤーに「ダスト&スクラッチ」をかけます。

フィルター > ノイズ > ダスト&スクラッチ を選択してください。(半径は2px に設定しています。)


4.ぼかし(ガウス)

引き続き、2 枚目のレイヤーに「ぼかし( ガウス)」をかけていきます。(半径は3px に設定しています。)

あとで調整するので、この時点では多少強めにぼけていても大丈夫ですよ~!


5.マスクをかけて調整

引き続き、2 枚目のレイヤーに「レイヤーマスク」をかけます。

レイヤー > レイヤーマスク > すべての領域を隠す を選択してください。


すべての領域を隠したら、白色のブラシツールできれいにしたい肌の部分を塗りつぶしていきます。

肌全体を塗りつぶすとのっぺりした印象になってしまうので、キレイにしたい部分をしぼって塗ると良い感じに。

今回は目の周りと頬、あごを重点的に塗りつぶしてみました!


6.仕上げ

もうすこし肌のトーンを上げたかったので、明るさ補正をかけてみました。

(明るさは、イメージ > 色調補正 > 明るさ・コントラスト  等で変更できます)

明るく補正してあげることで、透明感がアップしましたね!

また、2.でかけたハイパスの不透明度を調整すると、肌の質感が変わってきます。

画面を見ながら、微調整してみてくださいね!


完成です!

▼▼▼ ビフォーアフターはこちら! ▼▼▼

肌がなめらかになって、透明感がアップしたのではないでしょうか?

まとめ

以上、Photoshop で肌をキレイに補正する方法をご紹介しました!

今回は顔を補正してみましたが、意外と目立ちがちな首や手、足にも使えそうです。

((( ここまで読んでくれた方は思ったかもしれませんが、画像補正って意外と大変です・・・)))


ちなみにPICTY の『画像編集・加工サービス』でも人物写真の補正メニューがあります!

「写真が暗くて顔色が悪く見えるのを補正したい」「シミやほくろを消したい」

などのお悩みを修正できるメニューがありますので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい♪

━━━━━━━━━ 詳細はこちら ━━━━━━━━

【画像編集・加工サービス】https://picty.jp/editing

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただき、ありがとうございました!